エリアを指定
日本三大川まつり『尾張津島天王祭』が2019年7月に開催!起源と見どころもご紹介 http://tsushimajinja.or.jp/index.html

日本三大川まつり『尾張津島天王祭』が2019年7月に開催!起源と見どころもご紹介

※このイベントは終了しました

▼この記事を見た人はこんなイベントにも注目しています

岐阜

大垣らしく水について楽しく学べる施設「水のパビリオン」

静岡

冬の天体観測とBBQを楽しめる♡『宙ガール×グランピングガーデン』プランが発売中

静岡

静岡・浜松市【いちご農園Shimonta(シモンタ)】イチゴとジェラードが絶品!!

岐阜

刃物やカミソリにスポットを当てた博物館「カミソリ文化伝承館フェザーミュージアム」

岐阜

映画「君の名は。」で注目された体験もできる!「飛騨古川さくら物産館」

愛知

愛知のオススメ施設情報【ライターまとめ記事】今日遊びに行きたい場所はどこ?

600年の歴史を誇る津島神社の祭礼『尾張津島天王祭』が開催

愛知県津島市の津島神社をメイン会場に、華麗な夏祭り『尾張津島天王祭』が2019年7月に開催します。

毎年7月の第4土曜日、翌日の日曜日に行われる本イベント、今年は2019年7月27日(土)、28日(日)の開催が予想されます。
※上記の日程はこれまでの開催日からの予想となります。

津島神社の祭礼として、600年近くの歴史と伝統を誇る『尾張津島天王祭』は、津島神社の神様を喜ばせ、住民の無病息災を願うお祭りで、土曜日の夜、そして日曜日の朝に大きな見どころがあります。
是非宿泊して土曜日、日曜日の天王祭を楽しみたいですね!

夏休み中の開催ですので、家族の思い出作りにもピッタリですし、子どもの文化に関する自由研究のテーマにもおすすめですよ。

今、世界に誇る祭礼『尾張津島天王祭』へ今年の夏はお出かけしてみてはいかがでしょうか。

見どころはどこ?『尾張津島天王祭』のポイントをご紹介

尾張津島天王は、お祭りのはじめから終わりまで見どころが盛りだくさん!
土曜日、日曜日の流れにそって、見どころやポイントをご紹介しましょう。

1.お祭りの安全を祈念する児打廻(ちごうちまわし)がお祭りの前夜に開催

『尾張津島天王祭』の一番最初のイベントは、お祭り本番の前夜、つまり金曜日に行われる「児打廻(ちごうちまわし)」。5つの津島車でこのイベントが行われます。

児とは神様の憑代(よりしろ)の子どものことで、お祭りに欠かせない重要な存在。
児は4歳から6歳の男の子で、古式衣装、花烏帽子を身に着け登場します。

この児打廻はお祭りの無事を祈願して行われるもので、地面に足をつけないよう、肩車をされた各車屋から神社へと向かいます。

神社の拝殿前で三度の打廻しを行い、児打廻は終了。
翌日の天王祭を迎えます。

2.神輿渡御(みこしとぎょ)、宵祭(よいまつり)で優美なお祭りを楽しもう

土曜日の午前中は、神輿渡御(みこしとぎょ)が津島神社にて行われます。

津島神社から列をなし、神輿とともに天王川公園の北側にある御旅所へと歩いて向かいます。
なんだかとても神聖な光景を見ることができそうですよ!

土曜の午後は、『尾張津島天王祭』のメインイベントのひとつである「宵祭(よいまつり)」が行われます。

宵祭は毎年20万人近くの人で賑わうお祭りで。車河戸で5艘のまきわら舟に提灯に火がともされ、御旅処に向かって漕ぎ渡ります。

この時の風景が何とも幻想的なのです!
提灯に灯された本物のろうそくの火が揺らめき、水面に映りこむその光景は優美そのもの。

太鼓の音が鳴り響き、お祭りの伝統や地元の方の大切にする思い、文化の美しさを体感するひと時となりそうです。

3.提灯を付けていた舟が車楽舟へ!朝まつりも見逃せない

一夜明けて日曜日の朝。

宵祭で提灯をつけていた優美な舟は、能人形を乗せた車楽舟へと変わります。

愛西市からの市江車も加わり、舟は全部で6艘に。
市江車には布鉾を持った若者が乗り、中之島の近くから川へ飛び込みます。飛び込んだ若者はそのまま御旅所へ泳ぎ、神社へと走り、布鉾を奉納します。

若衆が神社へと走ったあと、車楽舟も御旅所前へ到着し、船から児も降ります。
もちろんこのときも、地面に足をつけないように肩車をされながら神社へと向かいます。

宵祭の雰囲気からガラリと変わる朝まつり。
その違いや、若衆の勇ましい姿は必見です。

4.神輿還御(みこしかんぎょ)、児奏楽(ちごそうがく)でお祭りは終了

御旅所から神輿が神社へと戻り、御輿還御が行われます。
その後は児の神前奏楽が行われ、朝まつりは終了となります。

子ども達の神前奏楽、なんだかちょっと珍しいですよね!

尾張津島天王祭について

尾張津島天王祭とは、600年近い歴史を持つ、日本三大川まつりのひとつに数えられている愛知県のお祭りです。

このお祭りは津島神社の歴史と共にあり、その起源については諸説があるものの、はじまりは室町時代末期頃と考えられているそうです。

長い歴史の中、開催され続けてきた尾張津島天王祭は、2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録。
文化的にもとても重要なお祭りなのです。

津島神社までのアクセス

◆公共交通機関でお出かけの場合

名鉄津島駅より、徒歩15分で到着します。

◆車でお出かけの場合

東名阪 弥富I.C.より約15分で到着します。

宵祭の日は大変混みあいますので、公共交通機関を利用してのお出かけをお勧めします。

川名公園完成記念春まつり2019

昭和区の川名公園で「川名公園完成記念春まつり2019」が開催

ココもポイント!

強く伝統を感じる尾張津島天王祭ですが、出店などのお楽しみポイントもあります♪デートやお友達、家族とのお出かけにピッタリです!

EVENT DATA

尾張津島天王祭

期間
2019年7月27日(土)、28日(日)
場所
津島神社、天王川公園
(愛知県津島市神明町1)
※上記の住所は津島神社の住所となります
金額
無料
公式サイト

最近のお知らせ

もっと見る

映画グッズ プレゼント記事はこちら!

インタビュー記事はこちら!

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」オリジナルグッズプレゼント!

映画「HOKUSAI」オリジナルグッズプレゼント!

「FC岐阜 長良川クリーンアクション」開催!海なし県から海洋ごみをなくそう!

関連イベント

高山祭を彩る豪華絢爛の屋台が勢揃い!「高山祭屋台会館」 

岐阜

高山祭を彩る豪華絢爛の屋台が勢揃い!「高山祭屋台会館」 

開催中

どこを見てもカッパ愛♡「龍ちゃんのカッパ館」で日本文化を感じよう!

静岡

どこを見てもカッパ愛♡「龍ちゃんのカッパ館」で日本文化を感じよう!

開催中

子どもも大人も鉄道ファンも大興奮!「リニア・鉄道館」

名古屋市港区

愛知

子どもも大人も鉄道ファンも大興奮!「リニア・鉄道館」

開催中

光は和紙を通して幻想的な灯りに。美濃和紙あかりアート館で出会う、日本の美しい「あかり」。

岐阜

光は和紙を通して幻想的な灯りに。美濃和紙あかりアート館で出会う、日本の美しい「あかり」。

開催中

「修善寺 虹の郷」で静岡から世界旅行♪

静岡

「修善寺 虹の郷」で静岡から世界旅行♪

開催中

タグで探す

現在開催中

名古屋市北区にある恐怖の謎解きミステリーホラー「エモい家」あなたは行きますか?

名古屋市北区にある恐怖の謎解きミステリーホラー「エモい家」あなたは行きますか?

東海エリアで最も高いビルからの眺めは最高!「スカイプロムナード」

東海エリアで最も高いビルからの眺めは最高!「スカイプロムナード」

炭火焼きハンバーグ専門店「炭火焼き ワンダーバーグ」名古屋市名東区にオープン!

炭火焼きハンバーグ専門店「炭火焼き ワンダーバーグ」名古屋市名東区にオープン!

あっちもこっちもカエルだらけ!「体験型カエル館 KawaZoo(カワズー)」

あっちもこっちもカエルだらけ!「体験型カエル館 KawaZoo(カワズー)」

下呂温泉で最恐の動画映え!謎解き&脱出ホラーゲーム『猟奇館』

下呂温泉で最恐の動画映え!謎解き&脱出ホラーゲーム『猟奇館』

東海エリアにある「日本の屋外型テーマパーク敷地面積ランキング」入りしているテーマパーク!

東海エリアにある「日本の屋外型テーマパーク敷地面積ランキング」入りしているテーマパーク!

RANKING

愛知 | 三重

東海エリアにある「日本の屋外型テーマパーク敷地面積ランキング」入りしているテーマパーク!

開催中

愛知 |

歴史に残る建造物「半田赤レンガ建物」を詳しくご紹介!

開催中

静岡

あっちもこっちもカエルだらけ!「体験型カエル館 KawaZoo(カワズー)」

開催中

三重

かわいいウミガメたちとふれあえる!道の駅紀宝町「ウミガメ公園」

開催中

愛知 |

愛知県清須市で快適に水遊び!「ARCO清洲」

開催中

静岡

キッズのプールデビューに最適!「雄踏総合公園・亀崎ファミリーランドプール」

開催終了

愛知 |

サブカルチャーとポップカルチャーとは?違いや意味や歴史を分かりやすく解説

開催終了

愛知 |

「呪術廻戦カフェ2024 懐玉・玉折」名古屋・グローバルゲートで開催

開催中

愛知 |

浴衣で半額!「宵の明治村」2023年も博物館明治村で開催

開催終了

愛知 |

炭火焼きハンバーグ専門店「炭火焼き ワンダーバーグ」名古屋市名東区にオープン!

開催中

最新のお知らせ

映画グッズ プレゼント記事はこちら!