エリアを指定
歴史と今を一気に味わっちゃおう♪「戸田造船郷土資料博物館・駿河湾深海生物館」 https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/shisetsu/zosen/

歴史と今を一気に味わっちゃおう♪「戸田造船郷土資料博物館・駿河湾深海生物館」

静岡県沼津市。駿河湾に面したこの市は、近年の深海ブームで名前を聴くことが増え、その印象が強く残ります。
そんな沼津市の歴史の中では、実はロシアとの深い繋がりのエピソードがあるのです。 なかなか知る機会のない郷土の歴史。それがまとめられた施設が「戸田(へだ)造船郷土資料博物館」です。
また、併設の「駿河湾深海生物館」では地元でとれた珍しい生き物の剥製を展示!
順番にご紹介します。

ロシアと静岡の深い繋がりの歴史

ロシアの人と静岡の人が接する歴史的な接点ってなんだろう?と不思議に思う方も多いことでしょう。
歴史を簡単に解説いたします。

時は1854年頃に遡ります。日本の長い鎖国が終わり、開国を迎えた頃の話です。
日露和親条約締結交渉のために日本へ来ていたロシアの軍艦「ディアナ号」
下田での大地震による津波に襲われ、舵や船底に大きな被害を受けました。なんとか海上に浮いている状態のディアナ号は、修理を急ぐため、戸田(へだ)港へ向かうことになります。
戸田港の砂浜は遠浅で、大きな艦船を横倒しにして修理するのに適していたのです。
ボロボロの状態で戸田に向かうディアナ号ですが、途中で風にあおられ、流された上沈没してしまいます。それでも乗組員は2日をかけて戸田に向かいました。

到着後、幕府の許可を得た上で、帰国のための船の建造がはじまりました。ロシア語のできる通訳がいない中、ロシア語からオランダ語、それを日本語に訳して会話をすることになったそうです。
言語の壁や、初めての図式の設計図。さまざまな問題を乗り越えた約100日後。日本初の本格洋式帆船が完成しました。
船の提督は、戸田の人々への感謝を込めて船を「ヘダ号」と名付けました。長い旅路もなんのその、無事ロシアに帰り着いたヘダ号。
深い感謝の表現はネーミングだけで終わりません。
船の提督の娘さんが来日される、展示品を寄贈していただくなど、この出来事をきっかけに、今日まで戸田とロシアの友好的な交流は続いています。

歴史の上にある戸田の今日

戸田造船郷土資料博物館では、「近代科産業遺産」としてディアナ号の模型や、ヘダ号の図面などを展示しています。
他にも当時ロシアの人が驚いた、日本の大工道具も展示されており、当時の空気をしっかりと感じることができます。

「郷土資料室」では駿河湾をメインに漁業を行ってきた戸田の船や漁の歴史を一目で見ることができます。
何度も困難な出来事や環境の変化などにぶつかりますが、そんな中でも諦めず工夫を続けてきた歴史展示は、力強く、勇気がもらえる展示です。

駿河湾深海生物館で会える生き物!

駿河湾といえば日本一の深さと、深海ならではの進化をした個性的な生き物たちで有名ですね。
併設の「駿河湾深海生物館」別名「ミュゼ ヘダビス」では、戸田の船で水揚げされた生物にこだわったはく製の展示が行われています。

名誉館長はみんな知ってるあの人!

駿河湾深海生物館では、各コーナーで「名誉館長」直々に解説する映像を見ることができます。
そんな名誉館長、実は芸能界随一の生き物好き。ココリコの田中直樹さんなんです! 平成29年7月のリニューアル監修にも立ち会ったという田中さん。 田中名誉館長の熱い思いのあふれる展示をお楽しみください。

戸田のトロール船でやってきた生き物

はく製の展示をメインとする本館。はく製、標本、模型まで含めて200点ほどの展示を鑑賞することができます。(平成29年7月22日現在)

見所は、「戸田でおいしい深海魚」を厳選したコーナー!
深海魚と共に生きてきた地元ならではの珍しい観点からの展示です。 なかなか口にできないそのお味を想像しながら鑑賞したいですね!

また、まだまだ謎に包まれた生態を持つ「オロシザメ」のはく製展示も行われています。
種分類に「japon」と入るこのサメは、世界の中でも珍しく、駿河湾で発見されることが多いことからこの分類とされました。
合計3体のオロシザメが見られるのは、世界の中でも駿河湾深海生物館だけ! 深海生物に興味のある方はぜひ、貴重な姿を見に行ってみてください!

「沼津魚市場 INO」施設情報

迫力満点!セリ市場の様子が見学できる施設「沼津魚市場 INO」

ココもポイント!

駿河湾深海生物館では、田中名誉館長が「こんな深海生物いないかな」と妄想して描いてくれた、謎の深海生物の絵が展示されています。訪れた際はお見逃しなく!

EVENT DATA

戸田造船郷土資料博物館・駿河湾深海生物館 施設情報

期間
【休館日】水曜日・祝日の翌日・年末年始
場所
戸田造船郷土資料博物館・駿河湾深海生物館
(静岡県沼津市戸田2710-1)
金額
大人 200円
小・中学生 100円
公式サイト

最近のお知らせ

もっと見る

映画グッズ プレゼント記事はこちら!

インタビュー記事はこちら!

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」オリジナルグッズプレゼント!

映画「HOKUSAI」オリジナルグッズプレゼント!

「FC岐阜 長良川クリーンアクション」開催!海なし県から海洋ごみをなくそう!

関連イベント

科学の面白さを感じよう!「名古屋市科学館」の施設紹介

名古屋市中区

愛知

科学の面白さを感じよう!「名古屋市科学館」の施設紹介

開催中

キャンプ用品は不要!! 泊まれる公園「INN THE PARK」で気軽に楽しくアウトドア体験♡

静岡

キャンプ用品は不要!! 泊まれる公園「INN THE PARK」で気軽に楽しくアウトドア体験♡

開催中

センスを磨くならここ!複合型アートリゾート「クレマチスの丘」

静岡

センスを磨くならここ!複合型アートリゾート「クレマチスの丘」

開催中

国宝級の美術品を所蔵する「MOA美術館」をご紹介!

静岡

国宝級の美術品を所蔵する「MOA美術館」をご紹介!

開催中

新進作家よ、大志を抱け!若手の夢が無限に広がる、とっても小さな美術館

岐阜

新進作家よ、大志を抱け!若手の夢が無限に広がる、とっても小さな美術館

開催中

タグで探す

現在開催中

東海エリアにある「日本の屋外型テーマパーク敷地面積ランキング」入りしているテーマパーク!

東海エリアにある「日本の屋外型テーマパーク敷地面積ランキング」入りしているテーマパーク!

みんな大好き♡『名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク』をご紹介

みんな大好き♡『名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク』をご紹介

東海エリアで最も高いビルからの眺めは最高!「スカイプロムナード」

東海エリアで最も高いビルからの眺めは最高!「スカイプロムナード」

名古屋観光といえば「名古屋城」!2匹の金鯱を見に行こう

名古屋観光といえば「名古屋城」!2匹の金鯱を見に行こう

「TREASUREのシャイニング・SOLO カフェ」名古屋ラシックで開催

「TREASUREのシャイニング・SOLO カフェ」名古屋ラシックで開催

「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」名古屋・大須にオープン

「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」名古屋・大須にオープン

RANKING

愛知 |

「名探偵コナンカフェ」2024年も名古屋で開催!

開催中

愛知 |

名古屋市北区にある恐怖の謎解きミステリーホラー「エモい家」あなたは行きますか?

開催中

愛知 | 三重

東海エリアにある「日本の屋外型テーマパーク敷地面積ランキング」入りしているテーマパーク!

開催中

三重

史上最強のパワースポット!三重県「いちべ神社」

開催中

愛知 |

東海エリアで最も高いビルからの眺めは最高!「スカイプロムナード」

開催中

愛知 |

浴衣で半額!「宵の明治村」2023年も博物館明治村で開催

開催終了

愛知 |

「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」名古屋・大須にオープン

開催中

愛知 |

「名探偵コナンランド」名古屋・セントラルパークで開催

開催終了

愛知 |

「名探偵コナンカフェ」2024年も名古屋で開催!

開催中

愛知 |

「忘却バッテリーカフェ」名古屋パルコで開催

開催中

最新のお知らせ

映画グッズ プレゼント記事はこちら!