エリアを指定
岩田準一・江戸川乱歩・竹下夢二の足跡を感じる場所  鳥羽みなとまち文学館 http://rampomuseum.com/minatomachi/

岩田準一・江戸川乱歩・竹下夢二の足跡を感じる場所  鳥羽みなとまち文学館

水族館に海や真珠、そして豊富な海の幸!三重県の鳥羽といえば、国内有数の港街だ。そんな鳥羽に隠れた名所がある。それは、日本を代表するあの小説家にゆかりのある場所。どうやら鳥羽は、文学の街でもあるらしい。

鳥羽みなとまち文学館

この施設は、「岩田準一と乱歩・夢二館」「幻影城 RAMPO」「乱歩館 鳥羽文化ギャラリー」「みなとまち文化館小路」という4つの施設で構成されている。それぞれ文学と関わりのある施設のようだが、1つずつ見ていこう。

江戸川乱歩館

日本における本格推理、ホラー小説の草分け的存在である江戸川乱歩。そんな乱歩ゆかりのスポットが「江戸川乱歩館」である。ここには乱歩が実際に使用した愛用品や挿絵原画の展示をはじめ、彼の生涯を解説したパネルや、作品をイメージしたジオラマなどが展示されている。

なぜ鳥羽にあるの?

しかしなぜ鳥羽で江戸川乱歩館なのか?実は乱歩は青年時代の一時期を鳥羽で過ごしているのだ。また、鳥羽は彼の妻・隆(りゅう)のふるさとでもあり、江戸川乱歩と鳥羽は深い関わりがあるといえる。

岩田準一と乱歩・夢二館

江戸川乱歩が愛した鳥羽の画家がいる。江戸川乱歩と中学からの友人であり、彼の作品に大きな影響を与えた人物がいる。それが画家「岩田準一」である。画家として乱歩の作品に挿絵を提供するなど交流の深かった2人。乱歩がたびたび鳥羽を訪れていたのは、岩田に会うためだったとも言われている。民族研究においても有名で、彼の記した「本朝男色考」は仏・英語に翻訳され、フランス・イギリスでも出版されている。

そんな岩田準一とはどんな人物なのか?どんな功績があるのか?生前彼が暮らした場所に、パネルや資料を展示し解説している。岩田準一の人物像や江戸川乱歩との関係などに迫ると同時に、大正時代の生活を色濃く残っているため、当時の生活にも思いを馳せることができる。

そして岩田準一と親交の深かったもう1人が、大正浪漫の抒情画家「竹下夢二」である。特に美人画が有名で、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ多くの人々から支持された。また文学作品の挿絵や広告宣伝物、日用雑貨などのデザインも手がけ、日本の近代グラフィック・デザインの草分けの1人にも数えられる。実は岩田はその竹下夢二に師事しており、岩田の画風に大きな影響を与えた人物の1人なのだ。施設には竹下夢二から岩田に届いた書簡も展示されており、当時の芸術家たちの息遣いを感じることができる。

幻影城

こちらは、乱歩がイメージした世界の一端を再現した場所。自らを「幻影の城主」と称した乱歩の頭の中を垣間見ることができる。中には、江戸川乱歩の妖しい世界を再現。中にある怪人二十面相などのコスチュームは自由に装着が可能だ!

外観は普通の土蔵

東京・池袋の乱歩邸には、乱歩がこよなく愛した土蔵がある。それは、十四畳ほどの広さで、内部には、書棚が巡らされ、膨大な数の本で埋め尽くされているという。この土蔵は「頭蓋骨に覆われた乱歩の脳そのもの」と呼ばれており、彼のインスピレーションやイメージのほとんどがそこにあったとも言われている。そこから転じて、乱歩の頭の中にあった「幻影城」を土蔵にしたんだとか。

みなとまち文学館小路

私が個人的に好きなのが、こちらの小路。戦後の復興を遂げた、昭和30年頃のまちなみを再現した小路となっている。特に何があるわけではないが、そこにいるだけで、何か幼い日にタイムスリップしたような、そんな気にさえなってしまう場所だ。

どんどんハイテクになり、変わりゆく日本。そんな中にあって、忘れがちな大事な何かを思い出させてくれるような、そんな場所だ。

まとめ

この時代に書かれた文学作品は、鳥羽を舞台にした作品は少なくないという。乱歩館では、乱歩の作品だけでなく「鳥羽を舞台にした作品」の解説コーナーもあり、新しい鳥羽の魅力を垣間見ることが可能。

真珠や海女ではない、「文学の街」としての鳥羽。少し興味が湧いてきませんか?

海女小屋 相差かまど

そうはいっても鳥羽の海女に会いたいという人はこちら!「海女小屋 相差かまど」

ココもポイント!

この施設の初代館長は、岩田準一の実の孫である岩田準子氏。実は彼女は2001年に乱歩と準一の関係を描いた長篇小説『二青年図 乱歩と岩田準一』で作家デビューを果たしている。事実に基づいた物語かどうかは定かではないが、岩田準一・江戸川乱歩・竹下夢二の恋物語でいわゆる男色もの。この作品を読んだ上で施設を訪れると、また違った見え方になるかもしれません。

EVENT DATA

江戸川乱歩館 ~鳥羽みなとまち文学館~ 施設情報

期間
休館日
火曜日、年末年始
※平日の入館は予約制
場所
鳥羽みなとまち文学館
(三重県鳥羽市鳥羽2丁目5-2)
金額
入館料 300円
公式サイト

最近のお知らせ

もっと見る

映画グッズ プレゼント記事はこちら!

インタビュー記事はこちら!

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」オリジナルグッズプレゼント!

映画「HOKUSAI」オリジナルグッズプレゼント!

「FC岐阜 長良川クリーンアクション」開催!海なし県から海洋ごみをなくそう!

関連イベント

本格的なアウトドアに川遊びも楽しめる!「リバーポートパーク美濃加茂」

岐阜

本格的なアウトドアに川遊びも楽しめる!「リバーポートパーク美濃加茂」

開催中

「貨物鉄道博物館」日本の鉄道貨物輸送の歴史を楽しみながら学ぼう!

三重

「貨物鉄道博物館」日本の鉄道貨物輸送の歴史を楽しみながら学ぼう!

開催中

豊田市のリゾート施設・フォレスタヒルズのウォーターパークで遊ぼう!

豊田市

愛知

豊田市のリゾート施設・フォレスタヒルズのウォーターパークで遊ぼう!

開催中

摩訶不思議!アートを体験できるテーマパーク「養老天命反転地」

岐阜

摩訶不思議!アートを体験できるテーマパーク「養老天命反転地」

開催中

朝市限定!『おとうふ工房いしかわ』で工場見学をしよう

高浜市

愛知

朝市限定!『おとうふ工房いしかわ』で工場見学をしよう

開催中

タグで探す

現在開催中

名古屋観光といえば「名古屋城」!2匹の金鯱を見に行こう

名古屋観光といえば「名古屋城」!2匹の金鯱を見に行こう

「RALLY 三河湾 2024」3/1~3開催。ラリーカーの迫力を体感しよう!

「RALLY 三河湾 2024」3/1~3開催。ラリーカーの迫力を体感しよう!

史上最強のパワースポット!三重県「いちべ神社」

史上最強のパワースポット!三重県「いちべ神社」

清須の自然とふれ合おう!「はるひ夢の森公園」でリフレッシュ!

清須の自然とふれ合おう!「はるひ夢の森公園」でリフレッシュ!

「コリラックマ&チャイロイコグマカフェ」名古屋パルコで開催

「コリラックマ&チャイロイコグマカフェ」名古屋パルコで開催

試食もできちゃう♡モンテール美濃加茂工場で工場見学♪

試食もできちゃう♡モンテール美濃加茂工場で工場見学♪

RANKING

岐阜

下呂温泉で最恐の動画映え!謎解き&脱出ホラーゲーム『猟奇館』

開催中

愛知 |

「第18回 春の大北海道展」名古屋タカシマヤで開催

開催まであと2日

愛知 |

名古屋観光といえば「名古屋城」!2匹の金鯱を見に行こう

開催中

岐阜

試食もできちゃう♡モンテール美濃加茂工場で工場見学♪

開催中

三重

史上最強のパワースポット!三重県「いちべ神社」

開催中

愛知 |

おぱんちゅうさぎのテーマカフェ「おぱんちゅ食堂」名古屋ラシックで開催

開催終了

愛知 |

「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」名古屋・大須にオープン

開催中

岐阜

オアシスパークの新イベント「トレジャーストーン発掘隊」に挑戦! まさかのレアアイテムが?

開催終了

愛知 |

「アムール・デュ・ショコラ」岡崎サテライト会場1/24~2/14期間限定オープン

開催終了

岐阜

下呂温泉で最恐の動画映え!謎解き&脱出ホラーゲーム『猟奇館』

開催中

最新のお知らせ

映画グッズ プレゼント記事はこちら!