エリアを指定
教科書に載っていた「登呂遺跡」はココ!『静岡市立登呂博物館』で弥生時代の人々の暮らしを体感 https://www.shizuoka-toromuseum.jp/

教科書に載っていた「登呂遺跡」はココ!『静岡市立登呂博物館』で弥生時代の人々の暮らしを体感

『静岡市立登呂博物館』は、特別史跡である「登呂遺跡」に隣接する施設。登呂遺跡の出土品の展示や、登呂遺跡の発掘調査結果・研究結果についての紹介を行っています。

“世紀の発見”だった「登呂遺跡」

第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)、軍需工場建設の際に発見されたのが「登呂遺跡」です。大量の土器や木製品とともに、住居跡や倉庫跡の居住域と水田跡が同じ場所で発見されたのは「登呂遺跡」が日本で初めてでした。

この“世紀の発見”をきっかけに、「弥生時代は稲作文化が発達した時代」という、現在では誰もが知っているイメージが定着しました。

また、登呂遺跡の発掘調査をきかっけに日本考古学協会が発足されることとなり、戦後における日本考古学の出発点としても記念すべき遺跡です。

こうした歴史的価値が認められた結果、1952年(昭和27年)には弥生時代の遺跡としては初となる「特別史跡」に指定されています。

館内1Fエリア

館内1Fには次のコーナーがあります。1Fのエリアは全て入場無料でご利用いただけます。

◆図書コーナー

図書コーナーでは、登呂遺跡や考古学に関する図書や資料を閲覧できます。

◆弥生体験展示室

弥生体験展示室で、田植え・稲刈り・脱穀など米作の行程や、土器作り、火起こしの擬似体験を楽しもう!

◆ミュージアムショップ

ミュージアムショップでは、登呂遺跡や考古学に関するグッズを販売。土偶や土器のガチャポンや、ミニチュアレプリカが人気です。

◆情報・映像コーナー

情報・映像コーナーでは、登呂遺跡や考古学についての情報を検索したり、登呂遺跡や考古学に関する映像をご鑑賞いただけます。

◆登呂交流ホール

登呂遺跡や考古学に関するイベントや講演会などの際にご利用いただけます。

館内2Fエリア

2Fには有料エリアとなる「常設展示室」と「特別・企画展示室」があり、常設展示や企画展がお楽しみいただけます。

◆常設展示室

常設展示室では、2016年8月に国の重要文化財に指定された775点の出土品のうち、約200点を展示。約200点ほどの資料もご用意し、登呂遺跡の概要や研究結果をわかりやすくお伝えします。

【注目ポイント①】出土品

展示されている出土品のほとんどは、実際に弥生時代の人々が使用していたもの。

丸木舟や鹿の骨で出来た釣針。または中国大陸より伝来した機織具などから、2000年前の“ムラ”の生き生きとした姿が浮かび上がってきます。

ぜひ、当時の人々が道具を使う様子を想像しながら観察してみてくださいね。

【注目ポイント②】登呂ムラ再現ジオラマ

展示室中央には、“登呂ムラ”を再現したジオラマが設置されています。

解説映像や、クイズ形式で当時の生活について学ぶことができる情報端末も併設されているので、小さな子どもにもオススメです。

◆特別・企画展示室

特別・企画展示室では、登呂遺跡や弥生時代など、幅広い分野をテーマとした企画展を実施しています。

2020年3月20日(金)〜6月14日(日)の期間は、春季企画展「お米づくり、はじめました。-静岡市の弥生時代-」を開催。

静岡市内にある稲作跡の出土遺物を中心に、お米づくりが広まった頃の人々の生活についてご紹介します。

3F屋上テラス

3Fは見晴らしの良い屋上テラスとなっており、登呂遺跡の全景を見渡すことが可能です。晴れた日には富士山の姿も!

尚、こちらのテラスは、博物館開館中は自由にご利用いただけます。

復元された“登呂ムラ”を散策しよう!

登呂博物館の周辺は、高床式倉庫や祭殿、住居や水田を復元した“登呂ムラ”となっています。

発掘調査結果を元に忠実に復元された復元住居の一部は、実際に中に入ることが出来ますよ。

散策を楽しみつつ、当時の暮らしぶりを想像してみてはいかがでしょうか。

駿府城公園

家康公ゆかりの場所!「駿府城公園」をご紹介♪

ココもポイント!

敷地内には、静岡市出身の染色工芸家・芹沢銈介(せりざわけいすけ)の作品や収集品を収蔵する「静岡市立芹沢銈介美術館」と、東京の蒲田より移転した「芹沢銈介の家」もあります。
『登呂博物館』と「芹沢銈介美術館」の両方を鑑賞したい場合には、2館への入館が可能な「共通券」を購入しましょう!

EVENT DATA

静岡市立登呂博物館 施設情報

期間
【休館日】※博物館が対象
◆月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
◆祝日・振替休日の翌日
◆年末年始(12月26日~1月3日)
場所
静岡市立土呂博物館
(静岡市駿河区登呂五丁目10番5号)
金額
【個人】
◆一般 :300円
◆高校生・大学生:200円
◆市内在住または通学の小・中学生 :無料
◆市外の小・中学生:50円
◆市内在住の70歳以上:無料

※登呂遺跡・博物館1階(体験展示室を含む)・屋上テラスは無料
※障害者手帳等の提示で本人および同伴者1名は無料
※30名以上の団体料金、回数券(5回分)の料金については静岡市立登呂博物館公式サイトでご確認ください
公式サイト

最近のお知らせ

もっと見る

映画グッズ プレゼント記事はこちら!

インタビュー記事はこちら!

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」オリジナルグッズプレゼント!

映画「HOKUSAI」オリジナルグッズプレゼント!

「FC岐阜 長良川クリーンアクション」開催!海なし県から海洋ごみをなくそう!

関連イベント

熊野灘臨海公園の『孫太郎オートキャンプ』でキャンプをしよう!施設情報をご紹介

三重

熊野灘臨海公園の『孫太郎オートキャンプ』でキャンプをしよう!施設情報をご紹介

開催中

日本最大級のやきもの専門ショッピングモール 「とこなめセラモール」をご紹介!

常滑市

愛知

日本最大級のやきもの専門ショッピングモール 「とこなめセラモール」をご紹介!

開催中

豊橋で宇宙の旅へと出掛けよう!「とよはしプラネタリウム」

豊橋市

愛知

豊橋で宇宙の旅へと出掛けよう!「とよはしプラネタリウム」

開催中

【峰温泉大噴湯公園】100度の温泉が高さ30mまで吹き出る様子を間近で見よう!

静岡

【峰温泉大噴湯公園】100度の温泉が高さ30mまで吹き出る様子を間近で見よう!

開催中

「飛騨絵本美術館ポレポレハウス」で楽しい絵本の世界へ飛び込もう♪

岐阜

「飛騨絵本美術館ポレポレハウス」で楽しい絵本の世界へ飛び込もう♪

開催中

タグで探す

現在開催中

東海エリアにある「日本の屋外型テーマパーク敷地面積ランキング」入りしているテーマパーク!

東海エリアにある「日本の屋外型テーマパーク敷地面積ランキング」入りしているテーマパーク!

朝市限定!『おとうふ工房いしかわ』で工場見学をしよう

朝市限定!『おとうふ工房いしかわ』で工場見学をしよう

「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」名古屋・大須にオープン

「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」名古屋・大須にオープン

名古屋観光といえば「名古屋城」!2匹の金鯱を見に行こう

名古屋観光といえば「名古屋城」!2匹の金鯱を見に行こう

サマースイーツビュッフェ「Snoopy Summer Beach Time」ヒルトン名古屋で開催

サマースイーツビュッフェ「Snoopy Summer Beach Time」ヒルトン名古屋で開催

かわいいウミガメたちとふれあえる!道の駅紀宝町「ウミガメ公園」

かわいいウミガメたちとふれあえる!道の駅紀宝町「ウミガメ公園」

RANKING

愛知 |

食用サボテンの直売所!愛知県春日井市の「後藤サボテン」

開催中

三重

史上最強のパワースポット!三重県「いちべ神社」

開催中

愛知 |

ドラマや映画のロケ地としても知られる「名古屋市市政資料館」はどんな施設?

開催中

三重

かわいいウミガメたちとふれあえる!道の駅紀宝町「ウミガメ公園」

開催中

愛知 |

「YETI(イエティ)」愛知県一宮市にオープン!キャンプ気分を味わおう♪

開催中

愛知 |

東海エリアで最も高いビルからの眺めは最高!「スカイプロムナード」

開催中

愛知 |

サブカルチャーとポップカルチャーとは?違いや意味や歴史を分かりやすく解説

開催終了

愛知 |

「ハワイフェア 2023」ジェイアール名古屋タカシマヤで開催

開催終了

愛知 |

おぱんちゅうさぎのテーマカフェ「おぱんちゅ食堂」名古屋ラシックで開催

開催終了

愛知 |

「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」名古屋・大須にオープン

開催中

最新のお知らせ

映画グッズ プレゼント記事はこちら!